to_top

働き方と場所にとらわれない
すべてのネイリストへ
より自由に
よりクリエイティブに
新しいライフスタイル【シェア】の提案

< WHAT IS? >LOLOとは?

独立を目指している方、独立したばかりの方、
もっと自由に働きたい、
スクール開業をしたい、結婚や出産、
育児など生活環境の変化や年齢が原因で
夢を諦めてしまっている方、
様々なネイル業界の問題を解決したい
想いの詰まったサービスです!
1ヶ月単位の家賃を払うのではなく、
自由に自分の好きな時間を選んで
サロンを借りることによって、
固定費が安く抑えられ、経営の安定と
自分のブランドに集中することができる、
最近話題の【シェアリング】のサービスです。

< MENU >メニュー

< SIMULATION >開業シュミレーション

簡単に独立できるサロンが
ある事知ってますか?

サロンを新規に開業する際に必要なものって?
道具や設備いろいろとありますが、まずは施術する場所が必要です。一般的にネイルサロンの場合は、UVランプの電源の確保、
机の高さや専門的な設備を要することが多く、カフェやホテルのラウンジなどでは施術することができません。
その為、開業されたばかりの多くの方が、自宅を改造してサロンにしたり、
賃貸マンションなどを借りたり、レンタルサロンをご利用しています。
そこで、マンションを借りて開業する場合と、レンタルサロンを利用して開業した場合のコストを各々計算し、
比較してみましょう。開業から1年間でかかるコストを、シュミレートしてみます。

新たにマンションを借りて
開業する場合

どんなサロンでも開業から3ヶ月から6ヶ月間は売上が見込めません。そして、事業が軌道にのるまで、宣伝広告費が毎月数万円以上必要です。これ以外にも自分の生活費などが加算され、お洒落な内装や家具を揃えたいなどこだわれば内装費が何百万も必要となり、開業には多くの費用が必要です。※家賃15万円の場合

マンション家賃の12ヶ月分
180万円
マンションの敷金=家賃の6ヶ月分
90万円

※不特定多数の方が出入りする場合テナントとしてさらに多く保証金を求められる場合もあります。

仲介手数料=家賃の1ヶ月分
15万円
前払い家賃=家賃の1ヶ月分
15万円
設備・材料費
100万円

※施術用デスクやその他機材、材料費100万円を想定

400万円

※前提条件として家賃は15万円・内装や設備にこだわりなく最低の金額で算出。
 

当レンタルサロンを利用して
開業する場合

当レンタルサロンを利用して開業する場合は登録手数料とデポジットのみ。技術や集客の事に集中できてこだわった内装のサロンを自分のサロンとして利用できるので、初めての独立開業を目指す方や指名のお客様のみの施術、検定の練習、セミナーの貸切サロン、様々な方に人気のサービスです。

家賃/敷金
0円
仲介手数料/前払い家賃
0円

※不特定多数の方が出入りする場合テナントとしてさらに多く保証金を求められる場合もあります。

設備・材料費
0円

※施術用デスクやその他機材

登録手数料
5千円

※キャンペーン価格により変動があります。

デポジット
1万円

※デポジットは退会時に規約に沿って返却されます。

1.5万円

※当サロンは内装や設備に1000万円以上の金額がかかっておりますが、会員様は自分のサロンとして自由にご利用していただけます。(一部規定あり)

< ACCESS >アクセス

  • access
  • SHOP NAME
    Share Salon LOLO 池袋店
    ADDRESS

    東京都豊島区西池袋1-20-6 広瀬ビル4F
    (各線 池袋駅より徒歩1分)

    TEL

    03-5927-9750

    OPEN TIME

    10:00~22:00(最終受付/20:00)
    不定休